反社会勢力と切っても切れない関係性 100年超える歴史の膿

公開日: 更新日:

 闇営業報道に端を発した一連の騒動は、当初のスキャンダルから、いつのまにか吉本興業と芸人の契約実態やパワハラ疑惑など、吉本興業の体質批判にまで燃え広がっている。

 社会が興味を持つのは当然だが、その中で置き去りにされているのが、最初のきっかけであり、最も重要な問題でもある「反社とのかかわり」についてだろう。実はこの点について言えば、現在の吉本興業が反社勢力の排除のために戦ってきたという事実はあまり知られていない。まず、この大前提を知っているかどうかで、今回の騒動の見方も変わってくるはずだ。

 確かに創業の時代から、吉本興業と反社勢力が深い関係にあったのは紛れもない事実。実質的な創業者である吉本せいは、人気芸人の専属契約を取るために山口組2代目・山口登組長に協力を依頼し、山口組長はこのトラブルがもとで襲撃され死去している。昭和の吉本に君臨した林正之助元会長と、山口組3代目・田岡一雄組長との関係もあまりにも有名だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る