嘘ついた芸人と詐欺グループ…焦点はどちらが信用できるか

公開日: 更新日:

 いまだ収束しない闇営業騒動だが、そもそもの問題としてあるのが、最初に芸人たちが犯した行為はそこまで責められるべきものだったのか、という疑問だ。

 今回、仲介をしたカラテカの入江を除けば、芸人たちがやったのは「相手の素性を知らずに詐欺グループの直営業に行き、ギャラを受け取ってしまったこと」となる。結果的にとはいえ詐欺グループのギャラを受け取ってしまったことは批判されて当然だろう。吉本興業や芸人は一般企業以上に反社との関係に注意を払わなければならない立場である。

 ただ、その経緯を改めて検証すると、事前に相手が詐欺グループであることを把握するのはかなり難しかったのは間違いない。問題の忘年会が開かれたのは2014年12月のこと。そして詐欺グループが逮捕されたのは、それから半年後の15年6月である。忘年会の時点では逮捕もされておらず、当然、警察当局に問い合わせても反社チェックには引っかからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る