嘘ついた芸人と詐欺グループ…焦点はどちらが信用できるか

公開日: 更新日:

 いまだ収束しない闇営業騒動だが、そもそもの問題としてあるのが、最初に芸人たちが犯した行為はそこまで責められるべきものだったのか、という疑問だ。

 今回、仲介をしたカラテカの入江を除けば、芸人たちがやったのは「相手の素性を知らずに詐欺グループの直営業に行き、ギャラを受け取ってしまったこと」となる。結果的にとはいえ詐欺グループのギャラを受け取ってしまったことは批判されて当然だろう。吉本興業や芸人は一般企業以上に反社との関係に注意を払わなければならない立場である。

 ただ、その経緯を改めて検証すると、事前に相手が詐欺グループであることを把握するのはかなり難しかったのは間違いない。問題の忘年会が開かれたのは2014年12月のこと。そして詐欺グループが逮捕されたのは、それから半年後の15年6月である。忘年会の時点では逮捕もされておらず、当然、警察当局に問い合わせても反社チェックには引っかからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る