岩井ジョニ男が振り返るタモリの運転手時代と勘違いの30代

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「イワイガワ」のメンバーで、横分けに黒縁眼鏡、背広とチョビヒゲの岩井ジョニ男さん。最近、「昭和のサラリーマン」がテーマのインスタグラムが女性に人気だが、ホストにタモリさんの運転手といろいろやってきた苦労を語ってもらうと……。

赤塚不二夫宅では蛇口をひねると焼酎が

 二十歳の時に千葉の田舎から今のカミさんと駆け落ちというか家出して2人で上京しました。

 でも、彼女は当時、まだ高校生。彼女の親御さんが「高校だけは卒業させてくれ。卒業後は一緒に住むのもいい」と僕らの仲を承諾してくれた。彼女はすぐ帰ったので一瞬だけの駆け落ちでした。

 僕はお笑いをやりたいから東京に残りました。ただ、当時はお笑いの養成所がない時代。どうやって芸能プロダクションに入ればいいのかわからず、とんねるずさんやコロッケさんが新宿のショーパブで働いていたという話をラジオで聴いたのを思い出し、「新宿なら歌舞伎町だ」と安易な考えで、歌舞伎町で行き交うホステスさんに「働ける店ないですか」と尋ねて回ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る