3畳の物置に10年…緑川静香さん今も節約生活で母に仕送り

公開日: 更新日:

 9頭身のモデル、タレントの緑川静香さん(31)は極貧な家庭で育ったエピソードがバラエティーで話題に。住まいは納屋みたいな物置で、草まで食べた「雑草時代」エピソードを語ってくれた!

 ◇  ◇  ◇

 父の社宅に住んでいましたけど、私が5歳の時に蒸発してしまい、社宅を追い出されました。

 母が懸命に探し、やっと見つけたのが埼玉にある3畳の物置。近代化した物置じゃなく、納屋に近いかも。下には畳が敷いてありましたが、壁に穴が開いていて泥とか虫が侵入してました。部屋の中に草が生えてきたし……。母屋のお風呂とトイレを借りられたけど、母屋自体が古いから、昔の五右衛門風呂みたいで沸かす場所は外。しかも、月に1回しか使えないので公園の水道で洗うとかタオルで体を拭くとかしていました。

 そんな物置に母とお兄ちゃんと私の3人で10年くらい住んでました。体は成長するから、寝る時にお兄ちゃんと足がぶつかって、よくケンカしてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る