今や盆踊りの新定番曲「東京五輪音頭-2020-」にハマるワケ

公開日: 更新日:

 東京五輪・パラリンピックの開催まで1年を切った。世間のムードも高まりつつあるが、この夏一番の注目は「東京五輪音頭―2020―」だ。一昨年に盆踊りソングとして発表された同曲は、石川さゆり(61)、加山雄三(82)、竹原ピストル(42)という異色の3人が歌い、これまでの民謡と違った曲調で、軽快なリズムが特徴。

 昨年あたりから盆踊り会場で流れるようになり、今年の夏は、すでに定番曲になっている。

 老若男女が楽しく踊る姿が多く見受けられるが、この踊りの特徴はクライミングやサーフィンなど初めて採用された競技のポーズが織り込まれていたり、型にハマったような振り付けでなく、ダンスを踊るような感覚で気軽に踊れるところ。

 さらに「2020」を手で書いて表現したりと、さまざまなアイデアが組み込まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る