桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

誰が一番イケてる? 在京キー局の女子アナを総括してみた

公開日: 更新日:

水卜麻美の強靭な体力と精神力に脱帽

「24時間テレビ」(日本テレビ系)が終了した。来年、グループ活動休止を宣言しているメインパーソナリティーの「嵐」、聴覚障害の子供とタップダンスを踊った浅田真央らが顔を揃えたが、イメージを爆上げしたのは水卜麻美だ。

 総合司会だけでなく当日、番組内で発表されたチャリティーマラソンの最後のサプライズランナーとして第3区間走者を務めた。沿道の人に笑顔で手を振り続けるなどアイドル顔負けの神対応で、42.195キロを6時間9分で完走後は再び、総合司会に戻り、進行を続けた。強靱な体力と精神力、視聴者に愛されるタレント性に脱帽!

山崎夕貴は売れない芸人と結婚して正解?

 他局はどうか。パンチが効いていたのはフジテレビの山崎夕貴。23日の「ダウンタウンなう」で遠藤龍之介新社長相手にほえまくった。「コネ入社はない」という遠藤社長に「え? 半分くらいはコネ入社ですよね」とつっこみ、「上の世代のお給料が羨ましい。どうにかなりませんか」と直訴。「そんなに上ももらってないですよ」と社長が答えれば、間髪入れず「ウソばっかり」と。さらに「社長は年俸おいくらぐらい?」と食い下がる。揚げ句「好みの女子アナは?」とまで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る