芸人・漫画家 田中光が又吉直樹から受けたアドバイスとは

公開日: 更新日:

 実はマンガは事務所で描いています。家だと描かないで寝ちゃうから(笑い)。前は社長のデスクで描いてましたが、最近、事務所を引っ越してから、作業するスペースを設けてもらいました。こんなありがたい事務所はないと思います。先輩のサンドさんには「もう、芸人辞めろよ」と言われます(笑い)。

 サンドさんはマンガが発売になる時に、ご自身のブログで紹介してくれる、やさしい先輩です。

 僕は芸人としてとかマンガ家としてという区別はなくなりました。「お笑いをやっている」と思っています。出力方法が今はマンガなんです。今後はマンガじゃない方法でお笑いをやることもあるかもしれませんが、「サラリーマン山崎シゲル」は続けていければなと思います。

(聞き手=松野大介)

▽たなか・ひかる 1982年2月、京都府生まれ。2002年から芸人活動。12年にツイッターにひとコママンガを投稿するアカウントを開設。14年に刊行した「サラリーマン山崎シゲル」シリーズがヒットし、漫画家としての活動を広げている。絵本「ぱんつさん」(ポプラ社)発売中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る