独立リーグ出身そうすけ 野球と芸人の“二重生活”振り返る

公開日: 更新日:

 野球選手のモノマネで人気になった芸人、そうすけさん(43)。3年前には独立リーグで本物の野球選手となったが、野球と芸人の二重生活はかなり苦しく……。

  ◇  ◇  ◇

 小、中学からプロ野球選手を目指していて、高校は帝京高校へ。1つ先輩にセンバツ優勝投手で巨人などプロでも活躍した三沢(興一)さんがいまして、強かった時期です。

 中学までは僕より球が速い投手は見たことなかったけど、新入生投手のほとんどが僕より速かった。ある練習試合で投げた時、フォアボール3つ出した後に、満塁本塁打を打たれちゃって。試合中なのに、監督にユニホーム脱がされて「もうベンチに入るな」と言われた(笑い)。それで野球が怖くなり、芸人を目指しました。

 事務所のオーディションに受かって芸人になり、その3カ月後にはフジテレビのレギュラー番組をいただいて、「簡単じゃん」と勘違いしちゃった。その番組が2クールで終わった後が地獄でしたね。7年間は仕事がなく、いろんなアルバイトをしました。新築のマンションにユニットバスを運んで取り付ける肉体労働や、コンサート会場の警備員とか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る