太刀川正樹
著者のコラム一覧
太刀川正樹ジャーナリスト

1946年、東京生まれ。国際ジャーナリスト。早稲田大学教育学部英文科在学中、韓国国立ソウル大学語学研究所へ留学、韓国語を学ぶ。講談社の日本語版「ペントハウス」ニューヨーク特派員などを経験。著書・訳書に「政権交代」「平壌十五号官邸の抜け穴」「オリンピック30年」など。

巨額の借金と体調不良に苛まれたあげく覚醒剤に手を出し…

公開日: 更新日:

 私は1985年に「大阪暮色」でデビュー後、数多くのヒット曲に恵まれました。一番多い時には1カ月1500万円の収入があり、10カ月で100回もの地方コンサートをこなしたこともあります。でも残念ながら当時の私は芸能事務所からの月給制で、手取りとなると皆さんが想像するような金額ではありませんでした。私の手元に残ったのは10分の1くらいです。ちなみに85年、デビュー当時の月給は15万円でした。

 私は92年、高校時代に知り合った幼馴染みの在米事業家と結婚。彼は日本との衣類関連の貿易事業をしていましたが、97年に韓国を襲った経済危機(IMF危機)が直撃し、私が保証人だった事業も大幅な赤字となりました。

 その1年前の96年に立ち上げた独立事務所(桂オフィス)でも毎月700万円以上のポケットマネーを使っていたため、事務所の赤字と夫が残した債務は膨大な借金となり、総額で恐らく3億円ほどに膨らんだのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る