“加藤の乱”鎮圧で吉本完勝も 専属エージェントに潜む火種

公開日: 更新日:

 これで本当に収束なのか。お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属する吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが報じられた。

 加藤はすでに、吉本との「共同確認書」へのサインも済ませており、その上で「専属マネジメント契約」か「専属エージェント契約」かを選べるようにすると吉本側は説明していた。加藤は「僕は吉本というエージェントを通して吉本の仕事をする。他の仕事は他のエージェントを通してやる。これを大崎(洋)会長はOKしてくれた」とラジオ番組で話していた。

 闇営業問題で「現経営陣が代わらなかったら、僕は会社を辞める」と「スッキリ」(日本テレビ系)で拳を振り上げた“加藤の乱”はこれにて一件落着となったのか。著書「芸能人はなぜ干されるのか?」で、アメリカのエージェンシー制度について詳解しているジャーナリストの星野陽平氏は、「契約内容を見たわけではないので、詳細は分かりませんが」とした上でこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  5. 5

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

もっと見る