進まぬ宮迫復帰プラン…このまま芸能界フェードアウトか

公開日: 更新日:

 吉本興業との契約解消問題がくすぶり続ける宮迫博之(49)は、貧困家庭の子供たちなどに食事を提供する「子供食堂」や清掃活動に参加し贖罪の日々を送りながら、芸能界復帰の可能性を模索しているようだ。

 女性自身によると、宮迫は8月下旬、都内自宅から車で1時間ほど走り、横浜市内の雑居ビル前で直撃取材に応じ、こう言ったという。

「ここには、あるボランティア活動の打ち合わせに来ていたんです。全国からこうしたお話をたくさんいただいていて、毎日有意義に過ごしています。とにかく今はボランティアに力を入れたい」

 振り込め詐欺グループ主催の忘年会への闇営業が発覚後、田村亮(47)と2人で会見し、吉本の岡本昭彦社長(52)から「(会見)やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな」と脅されていたことを涙ながらに告発。吉本とは契約解消とみられた矢先、岡本社長は会見で「非常につらい思いをさせてしまった。できるなら戻ってきてほしい」とし、宮迫の処分撤回をマスコミの前で発表していた。その後、明石家さんま(64)の個人事務所入りが伝えられたりしたが、動きはなく、宮迫と田村を除く芸人11人の謹慎処分が吉本から解かれ、復帰していっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る