Aマッソに金属バット…お笑い芸人に差別問題が相次ぐワケ

公開日: 更新日:

 お笑い芸人による“差別問題”が相次ぎ、波紋を広げている。

 加納愛子(30)と村上愛(31)のお笑いコンビ「Aマッソ」が、9月22日に都内で開催されたイベント中に差別発言があったとして、所属先のワタナベエンターテインメントが24日、謝罪文を公式ホームページ(HP)に掲載。

 加納はHP上で、<笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています〉、村上は〈勘違いをしていました。考えればわかるはずなのに>などと謝罪しているが、一体何があったのか。

「Aマッソは『質問に対して薬局にあるもので答える』というネタを披露していたのですが、大坂なおみに必要なものを聞かれ、『漂白剤! あの人、日焼けしすぎやろ!』と答えたのです」(芸能ライター)

 これにはネット上も、<人の痛みがわからない人間に、人をいじる資格はない><これはアウト><本当に最低>などと非難ゴーゴーだが、吉本興業所属の小林圭輔(33)と友保隼平(34)のお笑いコンビ「金属バット」も、過去の差別発言でバッシングされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る