賀来主演作「ニッポンノワール」の致命傷はヒロイン“不在”

公開日: 更新日:

 若手実力派として注目を浴びる賀来賢人(30)はイラ立ちを隠せないようだ。

 主演ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(日本テレビ系)の視聴率が右肩下がりの苦戦を強いられているばかりか俳優として“低視聴率男”のレッテルを貼られかねないからだ。

「初回平均視聴率が7・8%(10月13日OA、ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、第2話(20日OA)が6・5%。直近回となる第3話(27日OA)が6・4%だった。録画率も際立って高いわけではない。このままだと5%台をキープするのは厳しいかもしれず、最悪2~3%台という可能性も出てくる。これは視聴者からNGを突き付けられたということです。主演俳優にしたら屈辱的な結果です」(芸能プロ関係者)

 賀来にしてみれば、まさに天国から地獄に突き落とされたような感覚を味わっているはずだ。

 そもそも賀来がブレークし、世間に認められるようになったのは昨年10月期に主演を務めた同じ日テレ系日曜ドラマ枠の「今日から俺は!!」。

「以降日テレは、『3年A組―今から皆さんは、人質です』『あなたの番です』などヒットを連発してきました。今回の『ニッポンノワール』も、満を持して『今日俺』の賀来を再抜擢したんです。局内外の下馬評はかなりのものだった。ところが、いざフタを開けてみれば回を重ねるごとに数字を落とす低視聴率の連続。いまでは局内外で『賀来人気は幻だった』など散々な言われようなんです」(制作関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま