「激動の1750日」日本海軍とヤクザ不思議な共通点

公開日: 更新日:

1990年・中島貞夫監督

 先週、神戸山口組系組員2人が山口組系組員に射殺された。抗争の再発を予感させる事件だ。本作は1984年に始まった「山一抗争」がモデル。「神岡組」は山口組、「八矢会」は一和会だ。

 構成員1万2000人の神岡組は3代目を失い、動揺していた。直系組長の幹部会で川井(夏八木勲)が次期組長に立候補を表明。荒巻(渡瀬恒彦)ら古参が賛同する中、若竹(中井貴一)が異議を申し立てて物別れとなる。間もなく若竹が推す時津若頭(萩原健一)が出所、3代目未亡人の後継指名で4代目に就任する。承服できない川井らは八矢会を結成し、殺し合いに突入するのだった……。

 前半はヤクザの政争で後半は抗争。やったりやり返したりのシーソーゲームのおかげで何度見ても面白い。当初、川井派は7000人で時津派は4000人、1500人が保留組だった。時津派は数で劣勢だったが、未亡人を味方につけて跡目を相続。ところが大分・別府で自派の幹部が殺される。時津4代目が率いる神岡組は八矢会系の組長を拷問で引退させて逆襲。焦った川井はヒットマンを放って時津を暗殺する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る