井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

天下のわがまま活動屋たちが暴れていた時代が懐かしい

公開日: 更新日:

 今週のNHK―BSの番組「アナザーストーリーズ」は「天才激突!『影武者』・黒澤明VS勝新太郎! 突然の主役降板の真相」というふれ込みだった。かれこれ40年も前の邦画界の珍事件だ。どんな知られざる舞台裏だったのかとちょいと期待した。当時の2人は共にいわく付きだった。アヘン所持かで送検されたばかりの天下のスター勝新と、巨匠と言われながらも長年大してオモロイ作品が作れずにくすぶっていた黒澤が初めて対決する戦国絵巻の準備中に実につまらないことで喧嘩別れしてしまったのだ。

 リハ中に、自分の演技のさまをビデオで撮って家でもっと勉強して本番に臨みたいというけなげな勝新に対し、そんなことはさせない、現場に監督は2人も要らないんだからと言い張り、勝新をクビにしてしまったのが黒澤。撮影に入る前に本当に対決してしまい、仲代達矢に主役交代になった。勝新と仲代じゃ比べようがない。セリフを言い続けながらカレーライスをペロリと平らげてしまう勝新と、目をむきっ放しの仲代じゃ演技がまるで違う。当時、ニュースで知った途端、我らは「何やねん、そんなガキみたいなことで終わりかよ。だったらもう見んとくわ」と気が抜けていた。勝新が主演してたなら世界中でヒットして、その後、ハワイでパンツに大麻やコカインなんか隠し持つ暇もないほどの世界スターになってたかもしれない。わがままな映画の虫2人が傑作を生むチャンスを潰し合ってしまった。だが、番組自体はアナザーな真相が語られたのでもなく、取り巻きのこれといった証言もなく、期待外れだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

もっと見る