「アルゴ」ゴーンの逃走が映画になったらこんな雰囲気に

公開日: 更新日:

2012年 ベン・アフレック監督

 新年早々、カルロス・ゴーンの逃走劇と米国VSイランの攻撃で大騒ぎだ。そこで思い出したのが本作。第85回アカデミー賞作品賞に輝いた。イランの米国大使館占拠の実話を基にしている。

 79年2月、イランでは反政府勢力がパーレビ国王を放逐。米国が国王を亡命させたため、怒ったイラン民衆がテヘランの米国大使館に乱入し、館員52人を人質に取った。実はこのとき、6人の館員が近くのカナダ大使私邸に逃げ込んだ。もし、イラン側が気づいたら全員が公開処刑されると米国政府は危機感を強め、CIAのメンデス(ベン・アフレック)に救出を要請。彼が考えたのは、カナダ人の映画スタッフになりすまして「アルゴ」という架空のSF映画を撮影する名目でイランに潜入、6人に映画監督や脚本家を演じさせて脱出するという荒唐無稽な作戦だった。

 6人が大使私邸に隠れたのも、映画ごっこでイラン政府をだましたのも事実。当時、大使館の人質がクリスマスを祝う映像がテレビで流れた。案外のんびりしたものだと思ったが、カナダ大使館では細心の注意で6人をかくまっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る