「アルゴ」ゴーンの逃走が映画になったらこんな雰囲気に

公開日: 更新日:

2012年 ベン・アフレック監督

 新年早々、カルロス・ゴーンの逃走劇と米国VSイランの攻撃で大騒ぎだ。そこで思い出したのが本作。第85回アカデミー賞作品賞に輝いた。イランの米国大使館占拠の実話を基にしている。

 79年2月、イランでは反政府勢力がパーレビ国王を放逐。米国が国王を亡命させたため、怒ったイラン民衆がテヘランの米国大使館に乱入し、館員52人を人質に取った。実はこのとき、6人の館員が近くのカナダ大使私邸に逃げ込んだ。もし、イラン側が気づいたら全員が公開処刑されると米国政府は危機感を強め、CIAのメンデス(ベン・アフレック)に救出を要請。彼が考えたのは、カナダ人の映画スタッフになりすまして「アルゴ」という架空のSF映画を撮影する名目でイランに潜入、6人に映画監督や脚本家を演じさせて脱出するという荒唐無稽な作戦だった。

 6人が大使私邸に隠れたのも、映画ごっこでイラン政府をだましたのも事実。当時、大使館の人質がクリスマスを祝う映像がテレビで流れた。案外のんびりしたものだと思ったが、カナダ大使館では細心の注意で6人をかくまっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る