桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

お笑い芸人が1月期連ドラに大挙出演 未来の名優誕生か?

公開日: 更新日:

 1月スタートの新ドラマで目につくのは、お笑い芸人たちだ。昨年の騒動で闇営業ができなくなり、ドラマに流れたというわけでもないだろうが、やたらと多い。1ドラマ1芸人という感じだ。

 芸人から俳優転向というと、古くは伴淳三郎や三木のり平、寅さん「渥美清」ら名優がいる。コント・レオナルドの石倉三郎に、コント55号の坂上二郎、あの泉ピン子も歌謡漫談家からの転身だ。

 最近なら130R板尾創路、ドランクドラゴン塚地武雅、ネプチューン原田泰造ら、主演も脇役もやれる個性派俳優として重宝されている。

 闇営業で活動自粛中の宮迫博之も俳優としてドラマに映画に大活躍。同じく税金無申告で活動休止中のチュートリアル徳井義実大河ドラマいだてん」で女子バレーの大松博文監督を演じて、予想外によかった。果たして、今期ドラマに出ている芸人はどうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る