桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

お笑い芸人が1月期連ドラに大挙出演 未来の名優誕生か?

公開日: 更新日:

 1月スタートの新ドラマで目につくのは、お笑い芸人たちだ。昨年の騒動で闇営業ができなくなり、ドラマに流れたというわけでもないだろうが、やたらと多い。1ドラマ1芸人という感じだ。

 芸人から俳優転向というと、古くは伴淳三郎や三木のり平、寅さん「渥美清」ら名優がいる。コント・レオナルドの石倉三郎に、コント55号の坂上二郎、あの泉ピン子も歌謡漫談家からの転身だ。

 最近なら130R板尾創路、ドランクドラゴン塚地武雅、ネプチューン原田泰造ら、主演も脇役もやれる個性派俳優として重宝されている。

 闇営業で活動自粛中の宮迫博之も俳優としてドラマに映画に大活躍。同じく税金無申告で活動休止中のチュートリアル徳井義実も大河ドラマ「いだてん」で女子バレーの大松博文監督を演じて、予想外によかった。果たして、今期ドラマに出ている芸人はどうだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  10. 10

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る