ゴーン被告が意気込む“告発映画”に渡辺謙が出演の可能性

公開日: 更新日:

 昨年末、保釈中の身でありながらプライベート・ジェットを使って日本からの密出国に成功した元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)。1月2日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ゴーン被告の密出国直前の怪しげな行動を明らかにした。同紙によればゴーン被告は、都内の制限住居で、プロデューサーのジョン・レッシャー氏(53)と極秘裏に接触していたという。

 レッシャー氏は2014年の米アカデミー賞作品賞映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」をプロデュースした人物。ゴーン被告はハリウッドの著名なプロデューサーに自らの不当投獄の実態を涙ながらに訴え、日本の“人質司法制度”を告発する作品の製作を提案したと報じられた。ゴーン被告は映像用のプロットも準備していたという。

 筆者はこの報道の直後から、レッシャー氏がプロデューサーを務める米国のノース・ロサンゼルスの製作会社の関係者などを取材し、新たな事実が判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る