ゴーン被告が意気込む“告発映画”に渡辺謙が出演の可能性

公開日: 更新日:

 昨年末、保釈中の身でありながらプライベート・ジェットを使って日本からの密出国に成功した元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)。1月2日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ゴーン被告の密出国直前の怪しげな行動を明らかにした。同紙によればゴーン被告は、都内の制限住居で、プロデューサーのジョン・レッシャー氏(53)と極秘裏に接触していたという。

 レッシャー氏は2014年の米アカデミー賞作品賞映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」をプロデュースした人物。ゴーン被告はハリウッドの著名なプロデューサーに自らの不当投獄の実態を涙ながらに訴え、日本の“人質司法制度”を告発する作品の製作を提案したと報じられた。ゴーン被告は映像用のプロットも準備していたという。

 筆者はこの報道の直後から、レッシャー氏がプロデューサーを務める米国のノース・ロサンゼルスの製作会社の関係者などを取材し、新たな事実が判明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る