19日スタート NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が背負う重荷

公開日: 更新日:

 19日から始まるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(総合午後8時)は大変である。なにしろ、背負わされているものが多い。

 まず、去年の「いだてん~東京オリムピック噺~」で8・2%まで落ちた平均視聴率を回復しなければならない。上からは「世帯視聴率で15%超」を言われているのではないか。

 同じ戦国ものの「真田丸」(2016年)は16・6%、「軍師官兵衛」(14年)は15・8%だったから、15%クリアは無理な数字というわけではない。

「信長、秀吉、家康の3大ヒーローはやり尽くしていますが、彼らの周囲にいた人物を主人公にすれば、誰もが知っている合戦やエピソードを盛り込みながら、オリジナルの戦国ストーリーを展開できます。生い立ちがはっきりせず、最後は本能寺、三日天下で自滅というクライマックスを迎える明智光秀は、うってつけです」(ベテラン脚本家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る