てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

実は聡明…バービーが到達した誇らしげにお尻を出す境地

公開日: 更新日:

「世の中の女性は言いたくても言えないことがたくさんあって、『私みたいになって』とは言えないけど、私はそういう人たちの味方でいたい」(バービー/日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」1月20日放送)

 ◇  ◇  ◇

 女芸人がバラエティー番組に出ると、容姿をイジられることが少なくない。バービー(36)もそのひとりだ。彼女自身はイジられることに抵抗はなく、むしろありがたいと思っていた。だが、そんなシーンを見て「バービーちゃんと同じぐらいだと思ってた私って、整形しなきゃ生きていけないの?」などという声が寄せられてハッとしたという。

「その人たちに対して責任を私は負わなきゃいけない立場だなって」「私の返し方次第で彼女たちは救われたのかもしれない」と。「私は強いので、突っぱねることができて生きてきた」と語った上で続けた言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る