てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

最高のムチャブリに応えたアンタ山崎の復活アドリブ漫才

公開日: 更新日:

「どうやってネタ合わせしてたかは忘れてるんですけど、ネタ合わせ嫌いだったことは覚えてる」(山崎弘也/日本テレビ「内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ 笑いダネ」1月1日放送)

 昨年11月、有田哲平が司会の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ)で、事前告知なしのサプライズで10年ぶりに復活を果たしたアンタッチャブル。その後まもなく行われた「THE MANZAI」(同)の収録に向けた、ネタ合わせの際の心境をボケ担当の山崎弘也(43)が振り返った言葉を今週は取り上げたい。

 ネタはきっかけのワードだけを箇条書きで書いていく。周りの芸人からは「箇条書き2個でネタやんのか?」と驚かれるという。けれど、それができてしまうのがアンタッチャブルなのだ。きっかけのワードさえあれば、どこまでもアドリブで膨らませることができてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る