てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

公開日: 更新日:

「今日はもう皆さんにバレないように、こっそり箱に入ってここに来たんで」(香取慎吾/日本テレビ「スッキリ」1月8日放送)

新しい地図」チームと対戦し負けた加藤浩次近藤春菜水卜麻美アナが「罰ゲーム」で香取慎吾(42)の新曲を歌って踊った後、電話で感想を述べていたはずの香取本人がサプライズでスタジオに登場した。その際、カルロス・ゴーン被告の国外逃亡をパロディーにした一言を今週は取り上げたい。

 ジャニーズ事務所を退所し、「新しい地図」として活動を始めると、NHKのパラリンピック関連の番組などの例外を除き、香取たちは民放の地上波のテレビから姿を消していた。そんな「新しい地図」の3人が今回の年末年始で最も目立っていた。

 大晦日には「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」(日本テレビ)に出演。草彅剛(45)は「全裸監督」村西とおるを模した白ブリーフ一丁にカメラを抱えて登場。かつて自身が起こした全裸事件をも笑いにした。香取も極端なミニスカでパンツ丸出し。さらに稲垣吾郎(46)はどぶろっくの、ど下ネタソング「大きなイチモツをください」を堂々と歌い上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る