お笑い第7世代がドラマに新風 霜降り明星・ミキ昴生の評判

公開日: 更新日:

 2018年「M―1グランプリ」王者のお笑いコンビ「霜降り明星」の勢いが止まらない。バラエティー番組に引っ張りだこなのはもちろんのこと、今年は早々にドラマデビューした。

 それもツッコミ担当の粗品(27)がフジテレビ系“月9”の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、ボケのせいや(27)がTBS系日曜劇場「テセウスの船」(日曜夜9時)と、局の“看板枠”でのレギュラー出演を果たし、話題を呼んでいる。

「お笑い芸人を連ドラにキャスティングするのは珍しいことではありませんが、旬の若手コンビが同じクールに別のドラマにレギュラー出演するというのは珍しいケース」(テレビ誌記者)

 しかも、いずれもシリアスな内容のドラマで、“色物”扱いではない。粗品は、上昇志向の強いキャリア組のエリート刑事役で、せいやは、主人公の父親が犯人とされている大量殺人事件が起こった31年前の村人という役だ。

「話題づくりを狙っただけでのキャスティングなら、視聴者も敏感に反応し、批判的な見方をするものですが、今のところ違和感なくドラマに溶け込めているようです。ネット上のコメントも応援や、楽しんで見ているという意見の方が多い」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか