お笑い第7世代がドラマに新風 霜降り明星・ミキ昴生の評判

公開日: 更新日:

 2018年「M―1グランプリ」王者のお笑いコンビ「霜降り明星」の勢いが止まらない。バラエティー番組に引っ張りだこなのはもちろんのこと、今年は早々にドラマデビューした。

 それもツッコミ担当の粗品(27)がフジテレビ系“月9”の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、ボケのせいや(27)がTBS系日曜劇場「テセウスの船」(日曜夜9時)と、局の“看板枠”でのレギュラー出演を果たし、話題を呼んでいる。

「お笑い芸人を連ドラにキャスティングするのは珍しいことではありませんが、旬の若手コンビが同じクールに別のドラマにレギュラー出演するというのは珍しいケース」(テレビ誌記者)

 しかも、いずれもシリアスな内容のドラマで、“色物”扱いではない。粗品は、上昇志向の強いキャリア組のエリート刑事役で、せいやは、主人公の父親が犯人とされている大量殺人事件が起こった31年前の村人という役だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る