てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

まるで付き人…霜降り明星・粗品が相方せいやに尽くす理由

公開日: 更新日:

「毎日、僕、せいや用のポケットティッシュ持ってるんですよ」(粗品/日本テレビ「内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ 笑いダネ」3月17日放送)

 コンビとしては「M―1グランプリ」(テレビ朝日系)で優勝。ピン芸人としても「R―1ぐらんぷり」(フジテレビ系)で優勝し、前人未到の2冠を果たした霜降り明星の粗品(26)。しかも、どちらとも史上最年少の記録付きだ。

 相方のせいやは、鼻の調子が悪く、よくハナをかみたくなるという。けれど、せいやはティッシュを持っていないことが多い。そんなことから、粗品が相方のためにしていることを明かした言葉を今週は取り上げたい。しかも、わざわざ「質の違うタイプを2つ」持っているのだという。

 なぜ、粗品はそんなにも相方に“尽くす”ようにしているのだろうか。そもそも粗品はピン芸人としてキャリアをスタートさせた。彼の登場は鮮烈だった。弱冠19歳の若さで関西の年末大型番組「オールザッツ漫才」(MBS)で史上最年少優勝。「突如現れた天才」などと絶賛された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る