炎上作「バイバイ、ヴァンプ!」を改めて真っ当に考察する

公開日: 更新日:

 2月14日より公開された、男性アイドルグループ「祭nine.」寺坂頼我(20)主演の青春ホラー映画「バイバイ、ヴァンプ!」(ロハスプロダクションズ配給)。全国で6館という小規模な公開にも関わらず、この作品がネット上では炎上騒ぎへと発展し、一部で話題になっている。

「噛まれると同性愛者になる」ヴァンパイアに立ち向かう高校生たちの姿をコミカルなタッチで描く同作。設定や内容が同性愛差別的だと話題になり、公開中止を求める署名運動にも発展。それに対し製作サイドは、映画公式サイトおよびTwitterにて「同性愛を差別する作品ではない。」と否定。この作品は「愛の自由、愛を貫くために壁を乗り越えること」をテーマとした作品である、との主張を繰り広げた。果たして実際のところ、作品はどうなっているのか? 筆者は22日、渋谷HUMAXシネマへと向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る