「パラサイト」で注目 筆者が経験した半地下生活のリアル

公開日: 更新日:

 韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が史上初の外国映画として、アカデミー賞作品賞、監督賞を含む4冠に輝いた。パラサイトというタイトル通り、貧困な家庭が裕福な家庭に寄生するさまが、ブラックユーモアたっぷりに描かれている。

 日本人にはなじみのないこの“半地下”住居。「パラサイト」では、貧困層の象徴として描かれているが、韓国では貧困層に限らず、ごく一般的に住居として使用されている。

 そもそも、なぜ、韓国には半地下住居がこれほどまでに多いのだろうか。

 もともとは、1970年、北朝鮮との対立激化から低層階には防空壕を造ることが義務化されたのだが、70年以降の経済成長で、住宅不足が深刻化し、政府は半地下の住宅使用を認めたという。さらに、90年に建築基準が緩和されたことにより、マンションの地下1階部分も住宅用に使用してもいいと認められたことで、半地下住居が増加したという経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る