大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

ダークホース的映画「ミッドサマー」なぜか若い女性が支持

公開日: 更新日:

 全く不思議な現象だというべきか。20代から30代の女性中心に、ある米映画がヒットしている。「ミッドサマー」(ファントム・フィルム配給)という作品で、ホラーともサスペンスともつかない筋書きながら、身の毛もよだつような怖い描写が連続する。いわゆるエグいシーンも多い。

 全国で106スクリーンの公開形態なので、大々的な宣伝があったわけではない。もちろん、よく知られた俳優は誰一人出ていない。普通なら、今どきの女子が詰めかけるような作品ではない。彼女たちは、いったいどこで情報を得て、何に関心を持ったのか。

 米国に住む若い男女4人が仲間の1人に誘われ、彼の郷里であるスウェーデンの片田舎の村に赴く。向かった先は、ある共同体の人々が住む広大な土地だった。そこで、さまざまな奇態な儀式が9日間ぶっ通しで行われる。恐怖劇の開幕である。

 アリ・アスター監督の前作「へレディタリー/継承」は、ホラーとして評価が高かった。前作からのファンの期待は高かったというわけだが、新作情報の浸透はファンだけにとどまらなかったようだ。SNSなどで広がるや先の女子たちにも響いたとみられる。若いヒロインの涙を流す表情が鮮烈なポスターも目を引いたと聞く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る