二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

公開日: 更新日:

山口百恵 編(2)

 山口百恵はデビュー翌年の1974年、運命の人、三浦友和と出会う。

 グリコのCMをきっかけに映画「伊豆の踊子」で共演。「爽やかカップル」と好印象で、応援するムードもあった。かつての吉永小百合と浜田光夫、小林旭と浅丘ルリ子のような映画界のベストカップルにも似た雰囲気だった。

 確かな手応えにテレビドラマも「赤い疑惑」などTBSが2人をシリーズで起用。1年の大半を一緒に過ごす異例の形となった。

 当時、周囲のスタッフに取材すると「いつも仲はいいし、息はぴったり」と、いい話しか返ってこない。一緒にいることが当たり前の関係。次第に「ひょっとしたら、付き合っているのでは」という話もまことしやかに流れだす。

 中学から「トリオ」としての活動もしていた森昌子桜田淳子も恋愛の噂はなかったし、あまりピンとこなかったが、百恵には「なにかある」と芸能記者の勘みたいなものがあった。とはいえ、仕事で一緒にいるのは熱愛現場にならない。後に友和は「仕事場がデート場でもあった」と告白していたが、一緒にいる時間が2人の距離を確実に縮めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程