二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

公開日: 更新日:

山口百恵 編(2)

 山口百恵はデビュー翌年の1974年、運命の人、三浦友和と出会う。

 グリコのCMをきっかけに映画「伊豆の踊子」で共演。「爽やかカップル」と好印象で、応援するムードもあった。かつての吉永小百合と浜田光夫、小林旭と浅丘ルリ子のような映画界のベストカップルにも似た雰囲気だった。

 確かな手応えにテレビドラマも「赤い疑惑」などTBSが2人をシリーズで起用。1年の大半を一緒に過ごす異例の形となった。

 当時、周囲のスタッフに取材すると「いつも仲はいいし、息はぴったり」と、いい話しか返ってこない。一緒にいることが当たり前の関係。次第に「ひょっとしたら、付き合っているのでは」という話もまことしやかに流れだす。

 中学から「トリオ」としての活動もしていた森昌子桜田淳子も恋愛の噂はなかったし、あまりピンとこなかったが、百恵には「なにかある」と芸能記者の勘みたいなものがあった。とはいえ、仕事で一緒にいるのは熱愛現場にならない。後に友和は「仕事場がデート場でもあった」と告白していたが、一緒にいる時間が2人の距離を確実に縮めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る