二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

美空ひばりさん逝去 同業者のポケベルが一斉に鳴った深夜

公開日: 更新日:

 元号が「昭和」から「平成」に変わった1989年の6月24日、歌手・美空ひばりさんが亡くなった(享年52)。

 その夜のことは鮮明に覚えている。私は新宿の靖国通り沿いにある小料理屋の2階のお座敷を貸し切りにし、宴会をしていた。

 6月4日に中国で起きた「天安門事件」の現地取材に行っていた各写真誌のカメラマンが呉越同舟しての慰労会だった。

 三々五々集まった8人ほどの宴。酒を酌み交わしながら語り合う姿はまさに戦友。

 取材のエピソードは尽きず大いに盛り上がった。話が佳境に入ってくると血気盛んなライバル同士だけに次第にエキサイト。殴り合い寸前になることもあったが、有意義な時間を過ごし、そろそろ「お開き」にしようと思った矢先だった。

 当時、全員持たされていたポケベルが間髪を入れずに鳴り響いた。夜中に同業者のポケベルが一斉に鳴る。「なにか大きな事件があった」ことは容易に察しがついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  7. 7

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  10. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る