ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

多数派になびく国民性 都知事選は最悪の厄災でも変わらず

公開日: 更新日:

 まずは今回の九州地方を中心とする豪雨の被害に遭われた皆さまにお見舞い、お悔やみ申し上げます。

 まだまだ梅雨は続き予断を許さない状況、どこぞの「コメンテーターを批判するコメンテーター」の方が「危険な場所には住まない、移動してもらう」というようなことをおっしゃったらしいが、そんなこと簡単にできるわけがない。

 しかも最近の災害、とくに豪雨の災害は予期せぬ場所に直撃する。どこにやってくるかわからない。それも予想しない速さと量で降ってくる。さらに避難場所のコロナ対策まで考えなくてはならない、となれば自治体の長は本当に大変だろう。

 いや、東京も同じこと。また今年も猛暑に台風、40年も前から来る来ると言われ続けている地震だって心配だ。コロナさえもまともに対処しきれていないのに、まさかそれすらも自衛しろと言われたらもう地獄絵図だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事