二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

殴られると5000円 大部屋俳優は“危険手当”で食いつないだ

公開日: 更新日:

 京都東映太秦撮影所には裏方まで本物のプロがいた。例えば、照明マン。スタジオ内の撮影時、あらゆる角度から照明を当て、監督の演出をサポートする。ベテラン照明マンから聞いた話がある。

「東京からちょっと売れてる俳優が来ると、“オレはスター”気取りで生意気なヤツがおる。そんなヤツには太秦流のもてなしをしてやった」というやり方に驚愕した。

「スタジオの上から照明を当てるけど、ちょっと間が空いた時、わざと機材を役者のギリギリの所に落とす。一歩間違えれば大ケガだけど、絶対に当てない自信があるから落とせる。見上げて文句を言ってくる直前に“ごめんよ。手が滑った”とにらみを利かせて、一応は謝る。スタッフは俺のやり方を知っているから、“おー、気をつけてな”と本気で俺を怒らない。役者もなにかを察知するのか、おとなしくなる」


 東京の芸能関係者も、「二度と京都撮影所の仕事はしたくないという役者もいた」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る