二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

殴られると5000円 大部屋俳優は“危険手当”で食いつないだ

公開日: 更新日:

■顔を殴られれば5000円、ビルから落ちれば5万円

 4月に亡くなった志賀勝さん(享年78)の大部屋俳優時代の役者もみんなプロ意識を持っていた。専属契約の役者は掲示板に張り出される「○○組」と撮影日程をチェックしながら毎日、撮影所の大部屋で声がかかるのを待つ。

 一応、専属の固定給が2万円ほどもらえたけど、そんな金じゃメシは食えん。日当の仕事が欲しい。その他大勢の役で日当700円から高くて1000円程度。もっと稼ぐにはヤクザ映画なら殴られ役を買って別手当をもらうしかなかった。

「顔を殴られるくらいなら、みんな名乗り出たよ。選ぶのは監督。殴る相手とシーンを考えて指名する。うまい主役はギリギリのところで軽くしか当ててないが、ヘタな人になると本気で当ててくる。(菅原)文太さんはヘタだった。本気で当てられれば痛いし、顔は青タン。1回殴られただけで5000円の別手当が出た。拓ボン(川谷拓三)は自分からわざと殴られて稼いでいたけど、しまいにチェックする者がいて“今のは自分から当たった”と判定されて別手当はなし。殴られ損もあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る