ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

渡哲也さんから2mの距離で「西部警察」のテーマを口ずさむ

公開日: 更新日:

 NHKの超大作ドラマ「坂の上の雲」で、ロシアの巨大バルチック艦隊と戦う大日本帝国海軍の戦艦「三笠」の艦長・伊地知彦次郎という大役をおおせつかった俺は、そのロケ現場でまさに「本日天気晴朗なれども波高し」の心境だったのだ。

 いや、芝居がどうのこうの、セリフがどうのこうの以前の大緊張感を超えたものです。だって右を見れば主役の秋山真之役の本木雅弘(ま、正直モックンはデビューが同じくらいだったので、緊張まではいかなかったかなあ……)、左を見れば参謀、島村速雄役の舘ひろしさん(ま、舘さんはそれ以前にもドラマでご一緒させていただいているので、緊張しなかったかなあ……)、そして、後ろを振り向けば、これまた参謀長、加藤友三郎役の草刈正雄さん(ま、草刈さんは撮影に入る前にホテルのプールなどで会話してたし、そんな緊張はなかったような……)、オイ、オーイ!! 大俳優の方々に囲まれておまえ、全然緊張してねーじゃねーか!! いや、右、左、後ろはさておき前、前ですよ大事なのは……そう、俺の前には立ってる姿を目にしただけでも、クラ~ッとその存在感の大きさに眩暈がしそうな連合艦隊司令長官のあの東郷平八郎を演じるあの、あの、あの渡哲也さんがいらしたのですから!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る