東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

公開日: 更新日:

 半年前までは女の敵だった東出昌大(32)がここへきて、株が上がりだしてきた。

 1月、妻で女優の杏(34)がいながら、新人女優の唐田えりか(22)との不倫が報じられた。5年間の結婚生活の半分以上も、婚外恋愛を謳歌。妻が妊娠・出産、育児を経験している大変な最中のアバンチュールに「東出不倫」は主婦を中心に猛バッシングに。

 ところが、新型コロナウイルスが世界を席巻したため、テレビ番組は再放送へとシフト。6月にはアンジャッシュ渡部建(47)の「トイレ不倫」、先日木下優樹菜(32)に世間の注目がスイッチした。

 しかも渡部は「文春砲」が報じられると雲隠れ。優樹菜も実姉が働くタピオカ店に対する恐喝DM(ダイレクトメッセージ)で「事務所総出」と好戦的だったが、活動復活宣言するもわずか5日で突如引退。インスタの"縦読み告白"の相手と噂されるサッカー元日本代表の乾貴士(32)、男性グループ30代メンバー、ラッパー、IT企業経営者といった"第4波"まで、元夫FUJIWARA・藤本敏史(49)の知らない「別の顔」が次々と浮上し、火はまだくすぶっている状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    自民党内で乱立する「議員連盟」は権力亡者とゾンビの巣窟

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る