著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

公開日: 更新日:

「エール」再放送シリーズも8月8日から第8週に突入した。本編がいつから再開されるのか、いまだ発表されないが、再放送も新たな発見がいろいろあって、けっこう面白い。第7週では主人公・古山裕一(窪田正孝)が作った曲を何度もレコード会社に持っていくものの、ディレクターの廿日市誉(古田新太)にすべてつき返されてしまう。そして第8週。早稲田大の応援部(団長=三浦貴大)から慶応大野球部に勝てる応援歌を作ってほしいと依頼を受けるも、曲がなかなか書けず裕一は苦悶する。

 さて、今回注目するのは曲を作ろうと悪戦苦闘するシーンだ。古山裕一のモデルの古関裕而が曲作りに臨む姿がドラマでもほぼ忠実に再現されている。裕一は頭に浮かんだメロディーを楽器を一切使わず、そのまま五線譜に書き込んでいく。それはまさに古関が作曲する姿と合致するのだが、一点だけ、ドラマでは描かれていないシーンがある。喫煙の場面がまったく出てこないことだ。

■1曲仕上げるたびに50本吸っていた

 本物の古関は無類の愛煙家だった。吸うタバコの本数は1日40本。銘柄はフィルターがついていない両切りのショートピース。1本当たりタール28mg、ニコチン2.3mgが含まれ、国産でもっとも強いタバコである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方