田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

古関裕而のライバル古賀政男は自殺未遂を乗り越え大成した

公開日: 更新日:

 虚実織り交ぜて進んでいく「エール」の再放送シリーズも第6週(7月28日~8月1日)に入り、主人公・古山裕一(窪田正孝)とヒロイン関内音(二階堂ふみ)がとうとう結ばれるが、そこに至るまで苦難の連続だった。

 世界大恐慌の影響で決まっていた欧州留学が取り消され、自暴自棄になる裕一のために、なんとかレコード会社の専属契約を取ろうと奔走する音。だが、本命のコロンブスレコードは、すでに木枯正人という新人と契約。裕一とは契約できないと音は追い返される。そこで口添えするのが大物作曲家・小山田耕三(志村けん)。なんとかコロンブスとの契約に漕ぎ着け、裕一と音は結婚する。

 さて今回は、新人作曲家の木枯正人にスポットをあてたい。演じるのは人気ロックバンドRADWIMPSのボーカル兼ギターの野田洋次郎(35)。世界各国で公開され、日本映画史上、最大のヒットとなった「君の名は。」の全楽曲を同バンドが担当。英語バージョンも含め、そのほとんどを野田が作詞作曲した。今もっとも注目される日本人アーティストといっても過言ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る