平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

シモキタ・ロフトで「ライブハウスの宿命」が身に染みた

公開日: 更新日:

 9月13日に「下北沢ロフト生誕45周年記念ライブ」が行われた。1975年12月。小田急線と井の頭線が交わる下北沢駅・南口商店街を抜けたところにシモキタ・ロフトはオープンした。忘れられない青春の日々。新たに勃興した音楽の波に背中を押されて「ロックの第一列にいたい!」という気概に満ちあふれていた――。

 どこかローカル色の漂っていた下北沢駅の周辺は、演劇の街といってもよかった。そんな下北沢に生息していた若者にシモキタ・ロフトは熱烈歓迎され、多くのミュージシャンたちの名演奏と伝説を持ち込んだ。今では下北沢に30軒ほどのライブハウスがあるといわれている。ロフトはそのパイオニアとなった。  

 烏山、西荻窪、荻窪、そして4店舗目となったシモキタ・ロフトは、店を構えて1カ月目にはブラック・ニッカのボトルキープが500本を超え、深夜になると店の前にタクシーの行列ができた。つい「これまでの苦労は何だったのか?」と言いたくなるほど何の苦労もせずに黒字になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る