竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

公開日: 更新日:

 自殺とみられている女優の竹内結子さん(40)の急死に「なぜ?」とショックが広がっている。

「27日午前2時ごろ、東京都渋谷区にある自宅マンションの寝室で首を吊ってグッタリした状態の竹内さんを、夫で俳優の中林大樹さん(35)が発見したそうです。今のところ遺書は見つかっていません」(捜査事情通)

 救急搬送された病院で間もなく死亡が確認されたという。

 突然の訃報に、竹内さんの自宅マンション前には27日朝から数十人の報道陣が集まり、閑静な高級住宅街は騒然とした雰囲気に。

 竹内さんは2005年6月に歌舞伎俳優の中村獅童(48)と結婚し、同年11月に長男を出産。中村とは08年に離婚したが、昨年2月に中林と再婚し、今年1月に次男を出産したばかりだった。

「竹内さんは夫の中林さんと2人の子どもの4人暮らしで、死亡前日の26日にも家族一緒に“普通”に過ごしていたそうです」(前出の捜査事情通)

 今月1日には、自身がCM出演しているインスタントラーメンのイベントに“笑顔”で出席。

「スポンサーのイベントだから当然でしょうが、自然に明るく振る舞っているように見えましたけどねえ。竹内さんはその日の自身のインスタで〈新学期に向けて前髪作りました〉なんて新しいヘアスタイルも披露していました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 女性誌「LEE」の最新号(10月号)では表紙を飾り、同誌のインタビューにも「40歳という年齢に後ろ向きな気持ちはまったくなくて、むしろ肩からポロポロといろいろなものが落ちて、軽くなるような感覚がありますね」などとポジティブに語っている。

 それだけに「なぜ?」は深まるばかりだ。

「6月30日配信の『フライデーデジタル』がベビーカーで散歩する仲良さそうな竹内ファミリーの写真を掲載しています。今年6月中旬に撮られた写真とみられますが、同居する長男の姿がないことを不思議に思う人もいました。記事では『長男が(母親の)結婚の背中を押した』と書いてあります。確かにその通りかもしれませんが、長男も中学生の多感な時期ですから、いろいろ気にすることもあったでしょう。もちろん、そんな長男の気遣いを竹内さんも痛いほど感じていたと思います」(芸能ライターの弘世一紀氏)

 果たして何があったのか?

 ◇ ◇ ◇

【相談窓口】

■日本いのちの電話連盟

 ●ナビダイヤル 0570・783・556
  午前10:00~午後10:00

 ●フリーダイヤル 0120・783・556
  毎日:午後4:00~午後9:00
  毎月10日:午前8:00~翌日午前8:00

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める