好感度女王みちょぱの意外な恋愛観 ギャルでも中身は堅実

公開日: 更新日:

 デビュー時は“おバカ系”や“ギャル系”だったのに、気がつけば好感度タレントに――。その代表格が藤田ニコル(22)、ゆきぽよこと木村有希(23)、みちょぱこと池田美優(21)の3人だろう。中でもみちょぱは“ギャル枠”を飛び出し、今やバラエティータレントとしてバリバリ活躍している。

「ニコルはたまにぶっきらぼうで不器用な一面を見せたり、ゆきぽよは色気を武器に大人ギャルへとマイナーチェンジしました。その点、みちょぱは見た目こそギャルのままですが、トークだったりアドリブといった総合力が他の女性バラエティータレントと比べて頭ひとつ出ている。どんな場面でも適切なコメントや返しができるのが強みです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 今年4月のバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では「みちょぱスゴイぞ芸人」が放送され、出演者たちがこぞってみちょぱの“相づち力”を絶賛。最近の記事を見ても、〈超売れっ子なのに物欲なし〉〈母親に冷蔵庫をプレゼント〉といった好意的なものばかり。ツイッターとインスタグラムのフォロワーはどちらも100万人を突破しており、SNS上でも評価はうなぎ上りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る