二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ママの呪縛を乗り越えた宮沢りえ 自己プロデュースで復活

公開日: 更新日:

 激ヤセした宮沢りえを偶然、目の当たりにしたことがある。麻布十番にある、芸能界から政財界まで利用者の多い高級中華料理店だった。初めて行った店で渦中の人に遭遇。「ツキがある」と思った。

 りえは業界関係者らしき人たちと奥の席で食事をしていた。どの程度、食べていたかはわからないが、化粧室に向かうりえが近くを通った。

「ほそ~い」

 一緒にいた人と顔を見合わせた。長めのワンピースを着ていたと記憶するが、横からのシルエットは「薄い」と思ったほど。拒食症を裏付ける目撃談も知人から寄せられた。

 表参道の高級寿司店のカウンターに居合わせた知人。りえが「マグロ」と頼んで板前が出した握りは親指大。拒食症のために、一口で食べられるサイズに板前が苦心して握ったことがうかがえたという。激ヤセは女優生命の危機だ。りえが復帰作に選んだのは真田広之主演の時代劇「たそがれ清兵衛」だった。洋服と違い、和服は体形を隠すことができる。むしろ、少し痩せているほうが和服は奇麗に映る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る