非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

公開日: 更新日:

 今年1月にデビューしたばかりの「Snow Man」がニューシングル「KISSIN' MY LIPS/Stories」で初週売上91.8万枚を叩き出した。

 CDが売れないこの時代、2ndシングルでこの数字は驚異的といえるだろう。実を言うと、筆者もCDを買った一人。このCDが、初めて購入したジャニーズのCDなのだが、SNSなどでは、同じように「初めてジャニーズのCDを買った」とか「初めてジャニーズで好きになったグループ」という声も多く挙がっている。CDを購入したのは、YouTubeにはフルサイズのPVが上がっておらず、フルサイズを見たくてCDを購入したわけだが、そうした営業戦略だけでなく、グループとしての魅力がたくさんあることに気付く。

■新たなジャニーズの方向性

「KISSIN' MY LIPS」は全編英語詞で、サウンドもクールな洋楽テイストがベースとなっている。今までのジャニーズの楽曲といえば、管楽器などの派手な音が、たくさん入ったキラキラして元気の出る楽曲というイメージが強かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

  9. 9

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る