11.3「嵐の日」は数百億円規模 ネット配信で最後の荒稼ぎ

公開日: 更新日:

「生配信でもないのに5000円近くもとるんですね」

 そんな声もあがっている。

 ジャニーズ事務所の稼ぎ頭、嵐が11月3日のデビュー21周年記念日に行うと発表したネット配信。それはコロナ禍で頓挫していた新国立競技場でのライブイベントを事前収録と無観客という方法で実現させるもので、リーダーの大野智(39)は「『嵐の日』として1日楽しめますので、ぜひ期待してください!」と意気込んでいる。

 当日はファンクラブ会員限定の特別配信があり、午後7時30分からはファンクラブ以外のチケット購入者にも配信される。松本潤(37)は「別々のセットリストを作っているので両方とも楽しんでいただけると思います」とPRしたが、その視聴料金はファンクラブ会員が4800円、一般5800円とあり、冒頭のような反応も出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る