本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

“ハイテンション”藤井隆は人柄通知表があったら10点満点!

公開日: 更新日:

 上沼恵美子さんがラジオで「大好き! 人柄通知表があったら、“10”やね!」と絶賛、礼儀に厳しいオール巨人さんをして「全然昔とかわらん、なかなかあそこまではできひん、えらいやっちゃ!」と言わしめたのが藤井隆君です。

 マルチタレントとして活躍をしている現在も、NGK(なんばグランド花月)に仕事で訪れた時には吉本新喜劇の先輩の方の化粧前を掃除・整頓し、新喜劇以外の先輩方の楽屋へも「おはようございます。ごぶさたしております。今日は○○の仕事で帰ってきております。よろしくお願い致します」ときちんとあいさつをして回る藤井君。

■オカマ役でブレーク→ハイテンションがハマリ役に

 新喜劇の“オカマ役”で大ブレークしましたが、たまたまその時の台本を書いていたのが私でした。1994年に「パチパチパンチ」でおなじみだった故島木譲二さんをゲイバーのママ役にした時のことです。打ち合わせで店員役を誰にするかスタッフと話している時に「この中から……」と10枚ほどの新人の写真を示され「この子にしよう」と選んだのが彼でした。具体的な演出もろくにせずに、いま思えば本当に無責任ですが「好きなようにやってみて」とおまかせしてしまい、大いに悩ませましたが、いろいろと変えていきながら、ハイテンションで演じたキャラクターがお客さんにインパクトを与え、彼のハマり役になっていきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い