本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

“ハイテンション”藤井隆は人柄通知表があったら10点満点!

公開日: 更新日:

 上沼恵美子さんがラジオで「大好き! 人柄通知表があったら、“10”やね!」と絶賛、礼儀に厳しいオール巨人さんをして「全然昔とかわらん、なかなかあそこまではできひん、えらいやっちゃ!」と言わしめたのが藤井隆君です。

 マルチタレントとして活躍をしている現在も、NGK(なんばグランド花月)に仕事で訪れた時には吉本新喜劇の先輩の方の化粧前を掃除・整頓し、新喜劇以外の先輩方の楽屋へも「おはようございます。ごぶさたしております。今日は○○の仕事で帰ってきております。よろしくお願い致します」ときちんとあいさつをして回る藤井君。

■オカマ役でブレーク→ハイテンションがハマリ役に

 新喜劇の“オカマ役”で大ブレークしましたが、たまたまその時の台本を書いていたのが私でした。1994年に「パチパチパンチ」でおなじみだった故島木譲二さんをゲイバーのママ役にした時のことです。打ち合わせで店員役を誰にするかスタッフと話している時に「この中から……」と10枚ほどの新人の写真を示され「この子にしよう」と選んだのが彼でした。具体的な演出もろくにせずに、いま思えば本当に無責任ですが「好きなようにやってみて」とおまかせしてしまい、大いに悩ませましたが、いろいろと変えていきながら、ハイテンションで演じたキャラクターがお客さんにインパクトを与え、彼のハマり役になっていきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る