本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

島田紳助「1番気を使うことは最少の文字数で伝えること」

公開日: 更新日:

 2011年に引退された島田紳助さんとは、ほとんど接点がありませんでしたが、一度だけトミーズの雅君と3人で車の中で1時間ほどだったでしょうか、話を伺ったことがあります。どういう経緯で車中3人になったのかは詳細は覚えていませんが、紳助さんから漫才に対する“熱い思い”を聞かせていただき、今も強烈に印象に残っています。

 当時私は、阪神巨人さんを中心に、いくよ・くるよさん、トミーズ、ハイヒール、こだま・ひびきさんらのネタを担当し、加えて、番組企画できよし師匠と歌手、俳優、文化人らのみなさんとの“即興漫才”のネタを毎週書かせていただいていた時期でした。紳助さんとは直接お仕事をしたことはありませんでしたが「阪神・巨人のネタを書いてる本多」ということは知ってくださっていて、紳助さんに「何本ぐらい(漫才)書いてんのん?」と聞かれ、「去年は長短合わせて90本ぐらいは書きました」と答えたところ「きちがいやん! 自分のためのネタちゃうで、他人のネタやんか、紳竜(紳助・竜介)は8年で10分ネタ3本しか書いてへんで!」と紳助さん独特の言い回しで、私はこれ以上にない“褒め言葉”を頂戴しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る