嵐「新国立ライブ」大成功でも喜べないジャニーズの銭勘定

公開日: 更新日:

「昨年から準備を重ね、それこそ用意周到で臨んだ映像なのですから、メンバー5人も関係者もやれることはやり切ったという思いなのでは」と、ジャニーズ担当のベテラン芸能記者は言った。

 年内いっぱいで活動休止に入るアイドルグループ、嵐がデビュー記念日の昨3日に有料配信した「アラフェス2020 at 国立競技場」。スポーツ紙などによると、オンラインライブでは売り上げ国内最高記録を樹立。ファンクラブ会員限定の第1部で100万人規模、一般もチケットを購入できる第2部も同規模のチケットがさばけ、総視聴者数は計1000万人規模の一大イベントとなったという。先月の事前収録では隣接する神宮球場にまで大量の白風船や白煙がいって、試合中のヤクルト中日戦を2度も中断させてしまい、とんだミソをつけたと報じられたジャニーズ事務所。しかし、そんなアクシデントをも吹き飛ばす出来栄えとなったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る