三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

芸人との結婚なんて野良猫の面倒でも見てるつもりでないと

公開日: 更新日:

 世の中が少し落ち着いてきて私も先日後輩とご飯を食べる機会がありました。そこで後輩の口から「離婚しまして」とフワッとした感じで言われて、こっちは「えっ!?」と。この後輩の結婚式には出席もしてて4つ年上の奥さんと仲むつまじく暮らしてると思ってたのに。しかも他の後輩もう一人も離婚したことをついでに聞かされ、さらに別居中だった先輩芸人が正式に離婚したことも聞かされと離婚話で盛り上がったその日。

 私は芸人だから離婚率が高いとは思わないんですよね。うちは結婚して17年、円満とはとても言えませんが何とかやってます。世間のイメージでは「飲む打つ買うの芸人渡世、あんた遊びなはれ、酒も飲みなはれ、あんたが日本一の噺家になるためやったら私はどんな苦労も耐えてみせますぅ(C)浪花恋しぐれ」かもしれませんが、そんな芸人の奥さんはこの令和の時代にはいません(キッパリ)。

 浮気がバレて愛想尽かされ離婚は世間と同じくよく聞きますが、財力があれば惜しいと思った妻が許すというのもこれまた世間と一緒。今回の後輩の離婚の原因は「夜に出歩きすぎて」だそうですが、芸歴11年目の二つ目芸人は出歩いていろんな人と出会うのが仕事みたいなところがあるので、ちょっと可哀想でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る