ラサール石井
著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

「淡路島にゴジラ出現」自然と調和した一大リゾートだった

公開日: 更新日:

 東宝特撮もので育った私はゴジラをこよなく愛している。好きが高じて実際にゴジラ映画にも出演した。「ゴジラ対メカゴジラ」でゴジラが初登場するシーンで「ゴ、ゴジラ!」と叫ぶ役をいただいたのが自慢だ。

 そんな私が見かけたのが「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター」という文字。何? 淡路って淡路島? 淡路島にゴジラが行った映画はなかったはず。しかも実物大のゴジラの頭部の写真が。それも最新のシン・ゴジラだ。どうやら何かゴジラに関するアドベンチャーが淡路島にできたらしい。これは体験せねばと早速出かけた。ありました。まさに実物大のゴジラ頭部が。いやあ、こんなものにお目にかかれるとは子供時代の自分に教えてやりたかった。設定はこうだ。淡路島には昔からゴジラがいて(これが絵巻物にもなっている設定で、その絵柄のタオルを後でショップで買えるといううまい仕組み)、そのゴジラが復活、落とし穴に落として凍結させたという設定も憎い。このゴジラの口の中にジップラインに乗って100メートル滑空するというのがメインなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る