三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

“漢字1文字”で今年を振り返ってみると…本命は「禍」かな

公開日: 更新日:

 先日、ゲンダイ編集部にこのコラムのお褒めのファクスを送ってくださった鎌倉市在住の83歳のご婦人がいたそうで厚く御礼申し上げます。放送でも出版でも批判をしてくる方は大勢いますが、称賛をわざわざしてくださることってなかなかないことなんで素直にうれしく思ってます。

 さて話は変わって年末になると、毎年、その年の流行語や10大ニュースが話題になるんですが、忘れちゃいけないのが今年の漢字1文字ってやつです。少し前に今年の1文字を聞かれて「変化」……再度1文字と問われて「責任」と答えてしまった総理大臣がいました。さすが「募っても募集はしてない」でおなじみのトンチンカン迷言首相ですね。

 ところで1文字で今年を振り返って考えると、普通にオリンピックが開催されていれば、「金」とか「輪」、もしくは盛り上がりを表して「歓」や「沸」だったのかなぁ。しかしコロナで全てご破算に。印象に残るのはコロナばかり。「菌」じゃあストレート過ぎるなぁ。「密」は、それをやめましょうってことで使ってたんだからボツ。みんなで自粛してたから「粛」。それかコロナ禍という言葉で鍋とは違う漢字である存在感をみせた「禍」は本命ですね。リモートワークや飲食店のアクリル板のイメージだと「隔」なんかは対抗馬ですかね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る