三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

阪神・藤川球児も…公式戦中に行う「引退試合」が苦手です

公開日: 更新日:

 10日(火)甲子園で我が阪神タイガース藤川球児が引退登板を終えました。そのことに水を差すつもりは毛頭ありませんが、私はあの公式戦の中で行う引退試合が苦手です。消化試合とはいえ公式戦。なのに球界内の暗黙のルールといわれる打者には直球を、投手には空振りをという引退選手に花を持たせる相手側の忖度(そんたく)。個人タイトルがかかっているからと引退登板の佐々岡から容赦なくホームランを打った横浜時代の村田の話は野球ファンの間では有名ですが、タイトルを争う他の選手からしても面白くないはず。

 今回の藤川球児の相手でわざとらしく三振をしてくれた坂本選手ですが、もし今シーズン以内の2000安打が懸かった打席だったらどうしたのでしょうか? 打たずに来シーズンへ?みえみえの直球を打って記録達成?

 公式戦への敬意や相手チーム選手への敬意も考えると、球団にとって功績のあった選手にはキチンと引退試合を用意するべきではないでしょうか。サッカーJリーグではシーズンオフによく行われており、元チームメートや同期同年代の選手がチームの垣根を越えて参加してサポーターも最後の勇姿を目に焼き付け、引退スピーチを聞いて気持ちよく送り出してます。野球も公式戦、オープン戦のついでなんかで行うより引退選手にゆかりのある他球団の選手たちも駆けつけて皆で送り出した方が感動は増すはず。開催の必要経費を引いた当日の入場料、グッズ売り上げは引退選手に退職金代わりにあげてもいいですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る