ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田お笑い評論家

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで」(光文社新書)などがある。

マヂカルラブリーはM-1で漫才の可能性を切り開いた革命児

公開日: 更新日:

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの脅威によって、2020年は激動の年になった。年末に行われた漫才の祭典「M―1グランプリ」は、そんな年にふさわしい荒れ模様の展開になった。

 ミキぺこぱ、ゆにばーすといった実力者たちが予選で姿を消し、クセのある芸風の漫才師たちが決勝に進んだ。

 そんな中で、大会史上最大級の混戦を制して優勝を果たしたのはマヂカルラブリーだった。

 マヂカルラブリーは、筋肉質のイケメンである野田クリスタル(34)と、ぽっちゃり体形の村上(36)のコンビ。得体の知れない不気味なキャラクターの野田が、舞台上を所狭しと暴れ回り、全身を派手に動かしてボケまくる。それに対して村上が一方的にツッコミを入れていく。

「M―1」で2本目に披露した電車のネタに至っては、野田はほとんど言葉を発することもなく、動きだけで笑いを引き起こそうとする。無声映画時代のコメディアンのように、動作だけで表現する姿は潔いものがある。

 大会終了後、マヂカルラブリーの漫才について賛否両論の声が飛び交った。中には「あんなのは漫才ではない」という厳しい声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか